忍者ブログ
・・・・・・がでました。
購読してくださった方々は既にご存知の通り、ばんが初の巻頭カラーとなりました。

先日の予告でだいぶぶっちゃけたので、ストーリー云々で言う事はありません。
宜しく楽しんで抜いてくださると光栄です。
とりあえず・・・・・

夏といえば水着!!
夏といえば海!!
夏といえば人魚姫(マーメイド)!!
夏といえば潮吹き!!

・・・・という叫びを全力でこの漫画に叩きつけておきました。
いうなれば読者サービスならぬ作者サービスってやつですね!!
・・・・すいません次からちゃんと読者サービスを意識して描きます・・・・orz

カラーにおいては巻末カラーの時にも感じたデータと誌面の違いがモロに出てて残念な映りだったなと。
結構調整したんですけどね・・・やはり色の世界は難しい。
・・・・という事でばんがが手元にある方は実際送った画像と比較してみよう!!(修正甘サービス付)


01a.jpg

あんまり細かく写るのは危険な臭いがしたので、サイズは極力小さめに自粛。
青系はどうやっても暗く映ってしまうんですよね。もうすこし彩度を上げればよかったかも?それとも逆なのかな?
ある程度の原因がわかったので、今後カラー原稿の話が来た時には(くるかな?)更に克服しようと思います。

*************

また、読者コーナーで「ばーじん~」の感想のハガキを書いて下さった方がおりまして、感無量でした。
ここで名前を書いちゃうと本人にご迷惑をかけるかもしれない為、匿名で失礼ですが本当に有難うございます。
あかりちゃんはかわいいんです。
あの2人は見てるほうも暑苦しくなるほどラブラブな夫婦になると僕も信じています。

>9/20
拍手ぽちぽち有難うございます。

PR
この記事にコメントする
名前
タイトル
文字色
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字



今月号拝見しました!
どうもこんにちは先生
今月号拝見しました!!!
最初に「ばんがいち」の初巻頭カラー
おめでとうございます!!!

今回は大暴れしましたね☆
最初からかなり飛ばし気味に始まり
そして絵の密度が濃くてとても激しく、
インパクトがあり最後まで飽きさせない展開で
確かに全開といった感じでした!!!

そして特にストーリーを無視しているようにも感じず、
お話のバランスはとても良かったと思います!
まさか最初のは遼一くんのナンパだったとは(汗)
今までに無いパターンでしたね!
そして蒼衣さんが出て行ったかと思いきや
戻ってきたのが「タタタ」の感じでわかりました(笑)

これまでの作品もそう思いましたが、
もしも続編があるなら、ぜひ読んでみたい作品でした!

確かに蒼衣さんの髪の色が少し違いますね?
デジタルな原稿はやはり難しいんですね(汗)
ところで人魚姫状態?の蒼衣さんの髪型なのですが、
今までに無いようなリボンの結び方ですね?
(私がそう言うのに疎いだけかもしれませんが・・・)
これはリボンが繋がっているのでしょうか?

そして巻末の「ネーデルガンダム?」には、
私もガンダムはあまり詳しくないので調べたのですが
風車がついているって事だけはわかりました(笑)

今回はとても新鮮な作品でした!
先生はもっと自信を持って遠慮せずガンガン
いっちゃっても良いと思います!!!
すみません、無責任な事を言っているのは承知ですが、
それだけファンとして先生にはもっともっと素晴らしい作品を
描いて頂きたいと思っているからこその、
先生に対する期待の大きさと受け取って頂けると幸いです。

次の作品にも今から大いに期待しています!
応援していますので頑張ってください!!!
それでは失礼致します。
十野 2010/09/18(Sat)13:31:43 編集
十野さん、祝辞恐縮です。
今回もご愛読有難うございます。
また祝辞も頂き、恐縮です・・・!!

今回は誌面上の都合で、シナリオを組むうえでエロとのバランスが非常に難しい為、
「これはもう・・・エロ重視で思いっきり突き進んでみよう!!」
・・・と中身スカスカな部分が出たとしても非難は甘んじて受ける覚悟で
描き上げたのですが、予想外の評価をいただき少々驚いています。
これならもう少し壊れても大丈夫かな・・・?(マテ

思い返せば過去最高でカオスだったのは「つぅの恩返し」でしたねww
よほどの事がない限りあそこまで壊れる事はまずないと思いますw

蒼衣・人魚モード(即興で命名)のリボンについては半ば2次元のイリュージョンでw
真面目に解説すると、両方の先端の一部を2つに分けて筒状にした布(ゴム入)
に三つ編みであげた髪を通して、仕上げに先端をリボン状に結ぶ・・・
という仕組みなんですが・・・・絵で説明しないと解釈難しそうだw

そして恐らく解らない人にはさっぱり解らないネーデルガンダムですがw
これは知合いの作家さんに「俺がガンダムだ!」みたいな方がいて、
その方に今回の作品をガンダムネタで振った時に返ってきた台詞が
まんま巻末のコメントですw
ちなみにネーデルガンダムというのはGガンダムのネオオランダのガンダムで、
予選の間ずーっと風車のふりをして一度も戦わず決勝に残った、
「実はあの風車はガンダムだった!」っていうガンダムです。
更に最終決戦では39機のネーデルガンダムが出撃し、デビルガンダムと戦ったそうで。
まぁ舞台裏ではそんなローカルな話題もあったりするのです。
ちなみにこの話については本人も了承済みでの雑誌掲載なのでご安心を。

次回作も渾身の作品を手がけていますので、宜しく見守ってやってください。
竜児 2010/09/18(Sat)23:33:31 編集
忍者ブログ [PR]