忍者ブログ
・・・の献本が届いたので後記など。

ban17.jpg


はぃ、今回のヒロイン・双葉真琴(ふたば まこと)さんです。有間卓郎(ありま たくろう)共々、作中は苗字もしくは名前のみで。

今回は予告どおり、変則的なラブストーリーです。
変則的過ぎて台詞とか各シーンのイメージがなかなかまとまらず、少なくとも各ページで10回は書き直しが続いたり、出来上がっても「これは違う」と一喝削除したりと大苦戦した作品でした・・・。
正直自分には向かないジャンルのものを敢えて挑んでみた作品なので、自分の作風がどこまで活かせてるのかは読者の方々の反応に委ねようかと思っています。
それによってまた一つエロ漫画の何たるかを学び取れるのではと・・・。

個人的に久々に「普通の」アクションシーンを描けて満悦してます。あーすっきりした!!
上映中の映画や二人の感想の台詞は何のアニメの事を言ってるのかは敢えて伏せておきますw


次回はちょっぴりカオスなラブコメ?
PR
この記事にコメントする
名前
タイトル
文字色
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字



こんにちは!
こんにちは先生!
今月号拝見しました。

変則的ってこういう事でしたか!
またバスタオルを巻いている真琴さんの表情が
女性キャラなのに清々しい格好良さを感じました!

真琴さんのアクションシーンが豪快でしたね!
二回目のパンチがなんとも(笑)
彼女はなかなかいいパンチをしていますね!

あと・・・どんな映画見てたんですかこの二人は?(笑)

それから卓郎くんのお姫様だっこが勇ましかったですが、
真琴さんの呼び方が漢字になったシーンがとても良かったです!
今回は全体的に真琴さん心理描写がとても切なく、
そして可愛らしかったです☆
また、まさかブラがアゴにとは・・・(笑)

一番最後の真琴さんは反則ですよぉ!!!
真琴さんの長い髪も気になっていた私にとっては最高でした!

それから前半であれだけ連呼されれば、
先生が今回の作品でとにかく「歯ぁくいしばれぇ」って
言いたかったのが十分伝わりました(笑)

今回の作品で思ったのですが、
「ばんがいち」での先生の作品では、
ここまで髪がショートな女性キャラは今回が初めてですよね?
とても新鮮でした!

また、先生が最近描かれる女性キャラ、
特に胸の描き方がなんとなく気になりました。
揺れ方は相変わらず激しくて、とても動きが伝わってきますし
いつものアレも、もちろん健在ですが
最近は今まで以上に「胸を掴んでいる」というのが
とても伝わってくる気がします!
特に今回の作品は胸の変形し具合や、
指の沈み込み具合がとても肉感的で、
読み手に「掴んでいる」というのが
とてもハッキリと伝わってくるようでした!

あまり具体的でない感想ですみません、
最近の先生の描き方がリアルさを増してきて
とても良いと思っているという事が
私の稚拙な文章で伝わると幸いです(汗)

ブログを拝見しましたが、
今回の作品にそんなに悪戦苦闘されていたとは(汗)
先生は向かないジャンルと仰いましたが、
特に違和感もなく、とても楽しく読ませていただきました!
先生のこんな作風も私は好きです!

次回のカオスなラブコメとは一体!?
今からとても楽しみにしています!

今年もとても素晴らしい作品の数々をありがとうございました!
これからも応援していますので頑張ってください!

追伸:前回の作品の答えを描いた薄い本については、
   またいつの日か出会える事を楽しみにしています☆
十野 2011/12/26(Mon)02:00:19 編集
こんにちはっ!
十野さんこんにちは!
今月も感想有難うございますっ・・・!!

今作品の副題は「拳で語るラブストーリー」ですw
それも含めて変則的という事でまるめました。
後半の妙に積極的な有間の動機は、あの拳で引っ込み思案だった自分の目が
覚めたからとでも言いましょうか・・・w

前述の通り、今回は「少女漫画風恋愛」という正直苦手なジャンルをいかに自分の作風で
書き上げられるかで悪戦苦闘してました。
あくまで主人公は真琴という事で真琴目線を重視して描きましたが、
有間には有間の言い分もちゃんとあったりするんですよ。
これもまた気が向いたら薄い本にでも・・・気が向いたらw

「歯ァ食いしばれぇ!」については映画に使われた元の作品で僕も好きなシーンであり、
何としてでも有間に撃鉄を食らわせたかった事もあり・・・w
(1発目:映像、2発目:上手くかわす、3発目:モロに喰らう、4発目:ブラでアッパー)
「あんたどんだけ有間殴りたかったんだよww」とか言われそうです。
また、実は映画の元となった作品のヒントとなるキーワードが作中に入ってたりします。
キーワード:「決戦で銀河ぶん投げる」

十野さんにはデビューの頃から見守ってくださり、また毎回熱い感想を綴って頂き励みになっております。
僭越ながらここ最近急激に冷えてきたり、十野さん自身も多忙ではないかと思うのですが、
お互い残り僅かな年を有意義に過ごしましょう。
今年も多大なる支援に感謝致します・・・ありがとうございました。
こんな変な作家ですが来年も宜しく見守って頂けると幸いです。
竜児 2011/12/26(Mon)12:03:19 編集
忍者ブログ [PR]